ブランド品を売って着手金に

今回ご紹介する事は、家にある物で過払い請求の着手金を用意する。

要は買って使わなくなったブランド品等をを買取に出す事です。

皆さんも頑張って働いたお金で憧れていたブランド品を購入した記憶があるかと思います。

僕も昔に見栄を張って買ったは良いけど使ってないっていうブランド品がありました。

時間が経って流行も変わっちゃって、いつしか使わなくなったけど、捨てるに捨てられないままに、押し入れの奥で眠っているバッグやお財布、はたまたアクセサリー等があるんじゃないですか?

いつか使う機会が来ると信じ、使わないままに何年も経過しているのではありませんか?

お心当たりのある方は是非一度最近普及してきている、ブランド買取店を利用してみましょう。

眠らせておくだけでもどんどん価値が下がっちゃいますので、実行に移すならできるだけ早い方が良いと思いますよ。

昔の流行でも現在雑誌等で”ヴィンテージ”という言われ方をして、10年以上前のブランドバッグであってもプレミア価格で取引されている物も増えています。

特に買取金額がアップしている物で言いますとシャネルのマトラッセステッチのチェーンショルダーバッグ、かなり高級になりますが、エルメスのケリーやバーキンが特に高騰を見せています。

バーキン・ケリー等は当時に購入された定価を上回る金額で取引されていますのでもしお持ちであればお勧めです。

エルメス以外にもシャネルやルイヴィトンの年代物も高値で取引されていますので、勿体無くて使う出番のなかったブランドバッグやお財布等をこの際に買取に出してみてはいかがでしょうか。