過払い返還請求 デメリットはないの?

さて、良いことばかり書いている過払い返還請求ですが、はたしてデメリットは無いのか?って、事です。

本当は1人ですべて手続きを行えると良いんですけど、弁護士や司法書士の力を借りないと、なかなか1人では解決まで持って行くことが難しいというのが、もっともデメリットと言える部分ですかね。

デメリットと言えるかは定かではないですが、2010年よりも以前に過払い返還請求を行った方は信用情報機関に名前が載っちゃってました。

いわゆる金融業者の扱う「ブラックリスト」ってやつですね。

でも、その時期に過払い請求を行った人でもブラックリストに載ってない人もいる様です。

その時の状況によって載る載らないがあるみたいで、その件については金融庁が明らかにしています。

先ほども述べた状況もあり、2010年以前はいったん全ての負債を完済をしてしまってから、過払い返還請求を行う事が「ブラックリスト」に載らない方法として行われてきました。

2010年以降になると、返済中でも過払い返還請求を行い借金を無くしたとしても「ブラックリスト」には載らない様になったので、今から始めようと思っている人は安心ですね!

補足ですが、2010年以前に過払い請求を行った人も現在ではリストから才女されている様です、良かったですね!

でも、返済中に過払い請求を行っても債務が残ってしまうケースの場合は「ブラックリスト」に載っちゃいます。

なぜかと言うと「任意整理」という、「債務整理」と同じ扱いになるので信用情報機関に登録されちゃいます。

ちゃんと「ブラックリスト」から消して貰う申請もできますのでご安心ください!

皆さんも状況に応じて過払い請求をしてください。